日本が元気で輝いていたあの頃 – http://sakitama-s.com/books/newbook/entry_1681/

日本が元気で輝いていたあの頃私のバブル体験見聞記

日本が元気で輝いていたあの頃

昭和35年、池田内閣が発足し所得倍増計画が打ち出されてからバブル崩壊までとその後の20年・・・日本人は何を得て何を失ったのか…。著者は証券マンから起業し、政財界に多様な人脈を築きながら激動の昭和・平成を生き抜いてきた。政財界要人との交流の中で目の当たりにしてきた経済トピックスを時系列でまとめた。次世代に伝える日本経済史副読本として最適な一冊。

著者等
阿戸健次
出版年月
2016年4月
版型
四六判
頁数
270ページ
ISBN
9784878914300
価格
1,800円+税

目次

  • お祝いの言葉 ――― 元内閣総理大臣 海部俊樹
  • 出版に寄せて ――― 埼玉県知事 上田清司
  • 成長の時代を描いた記録 ――― さいたま市長 清水勇人
  • 第一章 所得倍増計画と高度経済成長期 昭和35年~48年
  • 第二章 オイルショック到来で安定成長期へ 昭和48年~60年
  • 第三章 プラザ合意によりバブル経済発生 昭和60年~平成2年
  • 第四章 バブル崩壊から失われた20年へ 平成3年~24年
  • あとがき
  • 関連年表

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ