誰も知らない埼玉 – http://sakitama-s.com/books/newbook/entry_2447/

誰も知らない埼玉

誰も知らない埼玉

日本の首都は埼玉・本庄だったかも?渋沢栄一の若かりし頃の素顔とは?秩父~群馬に世界最長のトンネルが?など「埼玉愛」にあふれすぎる著者が歩き、調べ、考え、導き出した驚きのエピソードの数々を独特のジャンルごとに紹介。
これであなたも埼玉マニア!
好評発売中!(在庫あります)

著者等
鶴崎敏康
出版年月
2018年2月
版型
A5判
頁数
444ページ
ISBN
9784878914447
価格
1,900円+税

目次

ぷろろーぐ あなたは本当の「黒部ダム」を絶対に知らない!

人間

  • その後のきらめく出世で、「詩人的小説的」渋沢栄一は、危なく眩しすぎて
  • 東京駅でなく「上野駅」が埼玉から生まれたなんて、それはびっくり
  • 処刑場の景色に舞う「火の玉」と女郎。「東国無双の美人」の〈涙橋〉

夢幻

  • バウムクーヘンの一つの層になった、お父さんたちの一獲千金の夢の跡
  • 像、塚、神まではまだわかるが、街まで「美女」にしちゃうのは風土?

遺産

  • 景観の中の違和感が、まるでオーパーツ。素敵な〝場違いの遺物”たち
  • 車のない江戸時代の「ラウンドアバウト」。それに〈水〉の「ラ・ア」

創造

  • 誰にも見られず刻々とアル物を移送している秘密のトンネル=ライン
  • まるで菊池の『恩讐の彼方へ』のような「年5、6頭」を救った隧道
  • 誰もその正式な名前など口にせず、みんな「おらく橋」と呼んできた

自然

もう一つあるんだったら、あっちは「日光華厳の滝」と言わなくちゃ

「日本一」がこんなにもあり、埼玉にもなんと四つもあった〈富士山〉

ヘンな名前の山、同じような名前の山、他県のような岳がなぜあるの

本家の「竜」より、さらにバージョンアップしたこちらの「龍」の河川

愛ちゃん、幸ちゃん、北海道みたい。「棺おけ」を連想させる川、地名

自慢

まかり間違えば「首都=本庄」だったが残念ながら幻で終わっちゃった

灯台下暗し。三代も続けて天才「本因坊」がこの埼玉で現れていたのだ

許せない東京の図々しさ、と小声でだらしない埼玉の明暗をわけた三話

数字

昔の悪ガキは「百貫デブ」と悪たれたが、埼玉の「二貫・三貫・千貫」

まるで茨城の高校か「七十七銀行」か。県内の数列の神々

「百」の天才と季節の「七」をはじめ、仏像だって負けていない

えぴろーぐ「ゴミ箱」からの生還――《埼玉シリーズ》第三弾を書き終えて

おすすめ書籍書籍一覧

あした天気になあれ 松本幸夫の教育エッセイ
文・松本幸夫 イラスト・ことな
1,300円+税
名は惜しめども 畠山重忠の父
北沢繁樹
1,500円+税
書票で楽しむ
田中薫
1,942円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ