歌集 老いの愉楽 – http://sakitama-s.com/books/newbook/entry_3507/

歌集 老いの愉楽少年に還る

歌集 老いの愉楽

法曹界などで、常に人間を見つめてきた著者が、その重責から解放され、これまで気に留めなかった自然の美しさを前にしたとき、歌があふれ出てきた。
森や川、植物や虫などの生き物に囲まれ、気心知れた生き物の仲間や友人、家族たちと過ごす日々を、少年の心に還り、おおらかに詠う。(全697首)
師につかず、結社にも属さないその歌風は自由奔放。

「朝日歌壇」にはこれまで10首入選
餓鬼岳の雪消の水が音立てて乳川に奔る安曇野の初夏(佐佐木幸綱選)
美声とは言えぬ声あり目をやれば猪苗代湖は白鳥の冬(高野公彦選)
鵯の去るを見澄まし目白二羽山茶花に来て残る密吸う(馬場あき子選)

著者等
飯島悟
出版年月
2021年8月
版型
四六判
頁数
254ページ
価格
2,500円 ※頒価(税・送料込)

元法律家が自然に還り 詠みだした歌とは?

直接、弊社へご注文ください。

頒価2,500円(消費税・送料込み)

著者紹介

飯島悟(いいじまさとる)

1947年、埼玉県大里郡市田村(現・熊谷市)に生まれ、比企郡大岡村(現・東松山市)で育つ。
東京大学法学部卒業、運輸省(現・国土交通省)入省後、司法試験合格、東京地裁配属となる。
浦和地裁、最高裁事務総局、東京家裁勤務などを経て退職、弁護士となり、法律事務所を開いた。
その他、上場企業の監査役、金融機関の相談役を務めた。

おすすめ書籍書籍一覧

新刊荒川流域の開発と神社in埼玉
松浦 茂樹
2,500円+税
新刊雷になった いのばあちゃん
あらい太朗
1,500円+税
新刊渋沢栄一の深谷 写真で訪ねるふるさとの原風景
文・河田重三 写真・清水勉
1,800円+税
新刊ジオパーク秩父 公式ガイドブック 秩父に息づく大地の記憶
秩父まるごとジオパーク推進協議会
1,500円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ