清水卯三郎 – http://sakitama-s.com/books/newbook/entry_3638/

清水卯三郎文明開化の多彩な先駆者

清水卯三郎

幕末から明治維新に活躍し、商人となる。秀でた語学力、産業と医歯薬学に対する先見の明で、さまざまなものを輸入。渋沢栄一、五代友厚と共に日本の近代化を支えた男の生涯。

著者等
今井博昭
出版年月
2022年3月
版型
A5判
頁数
96ページ
ISBN
9784878914560
価格
1,300円+税
【3/16発売】

埼玉から世界を舞台へ 日本近代化の立役者に迫る

新聞掲載されました


幕末、パリ万博出展に貢献
東京新聞(2022年4月15日付)

清水卯三郎の生き方
毎日新聞(2022年4月10日付)

目次より

  1. 森玉岡に学ぶ愉しさを教わる
  2. 「草莽の志士」の伯父・根岸友山
  3. 熊谷の豪農で親族の吉田家
  4. ペリー艦隊が来襲
  5. 箕作阮甫からオランダ語を学ぶ
  6. プチャーチン提督にロシア語で挨拶
  7. 英会話本『ゑんぎりしことば』を発刊
  8. イギリス軍艦に乗り、薩英戦争を体験
  9. 捕虜の寺島宗則と五代友厚を救出
  10. 『福翁自伝』に記された卯三郎の活躍
  11. パリ万国博覧会への出展を決意
  12. 渋沢栄一と共にパリへ
  13. ナポレオン三世から銀メダルを授与される
  14. 明治五年に日本万国博覧会の開催を建白
  15. 印刷器械や西洋花火などのフランス土産
  16. 「明六社」に会計として参加
  17. かな文字の普及を図る活動を展開
  18. 歯科治療器材を輸入し、歯科器械工場を創設
  19. 勝海舟との親しい交友
  20. 商人として生き抜いた卯三郎
  • ゆかりの地 散策図

おすすめ書籍書籍一覧

武州 手づくり 伝統芸に賭けた工匠たち
朝日新聞浦和支局編
4,800円+税
百年誌 岩槻の人形
岩槻人形協同組合 編
1,389円+税
幻のニホンオオカミ
柳内賢治
1,800円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ