ハモニカ長屋の頃 – http://sakitama-s.com/books/classification/general/entry_1518/

ハモニカ長屋の頃昭和二十年代の北浦和

ハモニカ長屋の頃

県立浦和高校のグラウンドの片隅にあった職員宿舎、通称「ハモニカ長屋」。ここで育った著者が繊細な少年の目で掬い取った暮らしの断片、北浦和界隈の様子、歴史の移り変わりを綴った回顧録。

著者等
田中薫
出版年月
2016年3月
版型
B6版
頁数
254ページ
ISBN
9784878914270
価格
1,500円+税

おすすめ書籍書籍一覧

新刊百年誌 岩槻の人形
岩槻人形協同組合 編
1,389円+税
あした天気になあれ 松本幸夫の教育エッセイ
文・松本幸夫 イラスト・ことな
1,300円+税
新刊続・薬草つれづれ草
岡鐵雄
2,300円+税
名族・土屋氏 その系譜と事績
さいたま土屋会 編
2,000円+税
名は惜しめども 畠山重忠の父
北沢繁樹
1,500円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ