少なくとも三兎を追え – http://sakitama-s.com/books/classification/general/entry_173/

少なくとも三兎を追え私の県立浦和高校物語

少なくとも三兎を追え

教諭、校長として浦和高校に務めた筆者が、同行の教育理念の「三兎」(勉強・部活・学校行事)を追う生徒と、それを支える教職員の姿を描く。「無理難題」に最初は苦しみながらも、どのような成長過程を歩むのか、教育関係者にも楽しく伝わる一冊。

著者等
関根郁夫
出版年月
2014年4月
版型
A5判
頁数
240ページ
ISBN
9784878914072
価格
1,500円+税

目次

社会人になれば、同時にいくつもの難題に直面する幸運に恵まれることがある。答えのない問題に挑戦する栄誉を授かることも日常茶飯事である。しかも問題が明確に与えられることはなく、自分で問いを立てなければ、課題解決に足を踏み入れることさえできない。

―――― 〝はじめに”より抜粋

 

  • 第1章 『守』―全力で駆け抜ける一学期(学校生活の始まりは学び方を身につけることから/「学習の手引き」巻頭言 ほか)
  • 第2章 『破』―模索する二学期(二学期の始まりに/勉強と部活動、学校行事のリズム ほか)
  • 第3章 『離』―自走する三学期(休む間もない冬休み/自走を促す校長講話 ほか)
  • 第4章 『仕事』―校長の仕事から見た浦高(校長の仕事から浦高を見る/校長の初仕事 ほか)
  • 第5章 『道楽』―校長の道楽から見える浦高(校長の道楽/ほめ励ますハガキ誕生のいきさつ ほか)

おすすめ書籍書籍一覧

新刊苦情は役人の良薬です
市川正三
800円+税
新刊埼玉の美しい自然 四季折々の125景
清水勉 写真・文
2,000円+税
市民が選んだ さいたま百景
さいたま百景選定選考委員会 編
1,800円+税
名族・土屋氏 その系譜と事績
さいたま土屋会 編
2,000円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ