詩で歩く武蔵野 – http://sakitama-s.com/books/classification/literature/entry_1317/

詩で歩く武蔵野

詩で歩く武蔵野

国木田独歩の『武蔵野』発表から一〇〇年、詩人たちは武蔵野をどのように歌ったか? 一二五人の詩人の武蔵野を歌った詩について、心の中に地図を描きたいという著者の思いを通して、武蔵野を、詩人たちの足跡を語る書。

著者等
秋谷豊
出版年月
1998年10月
版型
B6判
頁数
190ページ
ISBN
9784878910722
価格
1,500円+税

おすすめ書籍書籍一覧

荒川流域の文学 埼玉をめぐる人と作品
埼玉文芸家集団 編
2,000円+税
大福御前 鉢形城主正室
福田登女子
2,300円+税
歌声が聴こえる
武笠昇
2,000円+税
新刊画文集 日本の鉄道抒情 ふるさとの詩がきこえる
画・文 松本忠 / 詩・浅田志津子
2,200円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ