乱流 – http://sakitama-s.com/books/classification/literature/entry_3842/

乱流古河公方家の落日

乱流

戦国時代、合戦相次ぐ東国に北方より上杉謙信が進出。小田原を居城に、勢力拡大を図る北条氏。この二大勢力のはざまで、関東の国衆たちは対応に苦慮していた。その中、太田道灌の曾孫・太田三楽斎(資正)が知略を駆使して奮闘する。また、古河公方筆頭家臣、下総関宿城主である簗田晴助が次第に力を蓄え、里見氏、結城氏とともに大きな決断を下す。

著者等
北見輝平
出版年月
2023年4月
版型
四六判
頁数
256ページ
ISBN
9784878914898
価格
1,500円+税

≪前作「鄙の御所」から百年後の歴史小説 ≫ 古河公方に迫る上杉、北条にどう立ち向かうのか、渾身の完結編

今川義元が織田信長に討たれた永禄3年(1560)を起点に、豊臣秀吉による小田原攻めまで、激動の30数年間の関東の情勢を描く。

新聞掲載されました


60歳を過ぎて夢に接近 毎日新聞(2023年6月11日付)

目次

序 章 囚われの城

第一章 鳴動

第二章 暗転

第三章 切迫

終 章 旅立ち

【著者紹介】

北見輝平(きたみてるへい)

1954年北海道美幌町生まれ。幼・少年時代を茨城県古河市で過ごす。

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ