芭蕉句碑を歩く – http://sakitama-s.com/books/classification/literature/entry_608/

芭蕉句碑を歩く埼玉の一〇四基

芭蕉句碑を歩く

芭蕉句碑建立は一つの事業であった。正式な句碑は大津・義仲寺に登録、版本に記載広告された。本書は全国的に見ても数多い県内104の芭蕉句碑を写真入りで紹介、北武蔵に秘かに息づく蕉翁の句心を掘り起こす。

著者等
小林甲子男
出版年月
1988年4月
版型
B6判
頁数
168ページ
ISBN
9784878910203
価格
1,200円+税

おすすめ書籍書籍一覧

名は惜しめども 畠山重忠の父
北沢繁樹
1,500円+税
さいたま文学紀行 作家たちの描いた風景
朝日新聞さいたま総局 編
1,600円+税
埼玉文芸風土記
埼玉文芸家集団 編
2,200円+税
蝶々万華
ないとうサチ
2,200円+税
蔵原伸二郎と飯能
町田多加次
1,714円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ