「戦国の栄光 」発刊予定 – http://sakitama-s.com/books/forthcomingbook/entry_3990/

「戦国の栄光上杉謙信は何を目指したか」発刊予定

戦国の栄光

越後を基盤としながらも、羽生城を関東出兵の拠点とした謙信の動静を追う。
「関東管領」として、周辺の勢力とどう関わり、統治しようとしたのか。中世最後の舞台を彩った戦国人たちの苦闘と栄光。

著者等
金子 太治
出版年月
2024年1月
版型
A5判
頁数
260ページ
ISBN
9784878914928
価格
2,000円+税

2024年1月26日発売予定

目次

はしがき

論考1 上杉謙信は何を目指したか――戦国期連合権力の地平――
Ⅰ章 謙信の生きた越後
 はじめに
 越後の青苧
 柏崎の制札
 伊勢御師蔵田氏
 越後の実情
 Ⅰ章 註

Ⅱ章 外征の実態と国内外国衆
 関東越山の真実と民衆の苦悩
 越後盟主の苦悩と武田信玄
 上杉関東味方中の内実――謙信の限界
 阿賀北の巨頭――本庄繁長
 Ⅱ章 註

Ⅲ章 上杉家家中「名字尽」の背景と最後の陣触――羽生衆の動向を中心として
 上杉家家中「名字尽」について
  はじめに
  一、那波次郎
  二、羽生衆の動向
  三、後藤左京亮・河田九郎三郎・河田伯耆守
  四、大石惣介
  五、上野中務丞・小中大蔵丞・小中彦兵衛尉
  六、竹沢山城守
  七、倉賀野左衛門尉
 その後――戦国領主たちの終焉
 Ⅲ章 註
 Ⅲ章【補足】 羽生城広田・木戸氏の自立

【追録】天徳寺宝衍と木戸元斎
 一、天正十七年十一月の書状
 二、佐野昌綱の死去について
 三、京都での出会いと交流
 四、木戸右衛門尉について
 追録 註

論考2 上杉の意地と鴫野・今福の闘い
 論考2 註

あとがき

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ