埼玉の妖怪 – http://sakitama-s.com/books/newbook/entry_3892/

埼玉の妖怪

埼玉の妖怪

埼玉は妖怪の宝庫。日本人の暮らしや文化、信仰から生まれた妖怪たち。千話を超える伝承から、怖ろしくも心惹かれる謎の世界をめぐる。姿を変えて、妖怪たちは今どこに……?!

著者等
大明 敦
出版年月
2023年6月
版型
A5判
頁数
256ページ
ISBN
9784878914881
価格
2,000円+税

新聞掲載されました


不思議伝説の集大成
埼玉新聞(2023年6月24日付)

県内の妖怪 民話集に
読売新聞(2023年6月14日付)

目次

はじめに

第一部 妖怪をめぐって

 一 妖怪とは何か
  ㈠ 「妖怪」という言葉
  ㈡ 古典の中の妖怪 奈良時代/平安時代/鎌倉・室町時代/江戸時代
  ㈢ 妖怪研究の発展
  ㈣ 水木しげると妖怪
  ㈤ 妖怪の現在 妖怪をめぐる状況の変化/メディアと妖怪/再び脚光を浴びる妖怪/妖怪への期待

 二 埼玉の妖怪を考える 妖怪のリアリティ/妖怪の名前/不思議な現象を説明するための妖怪/抑止力としての妖怪/祭りと妖怪/地域と生きる妖怪

第二部 妖怪ゆかりの地を訪ねる
①氷川女體神社/②第六天神社/③足立ヶ原の黒塚/④寶幢寺/⑤持明院と曼荼羅淵/⑥川越城周辺/⑦小畔川流域/⑧日和田山/⑨鬼鎮神社/⑩少林寺/⑪空滝/⑫矢納の天狗岩

第三部 埼玉の妖怪百態

 一 水辺・水中の妖怪 河童㈠名前を持った河童/河童㈡河童の詫証文/河童㈢河童のお礼/河童㈣河童の習性/小豆婆/川天狗/おいてけ堀/沢女/竜㈠見沼の竜神/竜㈡左甚五郎の竜/竜㈢龍隠寺の竜と龍泉寺の竜/竜㈣穴沢の竜神/大蛇㈠かしらなしと小次郎/大蛇㈡見沼の大蛇/緋鯉/ヤナ

 二 山や森の妖怪 天狗㈠天狗の悪戯/天狗㈡火伏せの天狗/天狗㈢天狗の神通力/天狗㈣天狗隠し/山姥/山姫/山男/テンムサ/ドウマンマナコ/ダイダラボッチ

 三 路傍・路上の妖怪 見越し入道/袖引き小僧/ブッツァロベエ/オブゴ/チトリ/カマイタチ/薬缶ころがし/徳利坂/笊坂/フウナデ/笹熊/隠れ座頭/モウ・ゴーヘー/大入道/青坊主/ 一つ目小僧・一つ目入道/大蓮寺火

 四 人里の妖怪 黒塚の鬼婆/鷹橋の鬼女/鬼/夜道怪/オクポ/ボーコー/ネロハ/人喰い仁王・人喰い阿弥陀/八百比丘尼/雪女郎・雪娘/隠し婆/血塊/幽霊/人塊

 五 生物・器物などの怪異 偽汽車/猫/送り狼/狐火/獺/蜘蛛/樹木/人形/雷獣/三本足の烏/オーサキ/ネブッチョウ

コラム
鬼退治の英雄・渡辺綱/江戸時代の文献にみえる埼玉の妖怪/埼玉の妖怪研究は川越から始まった?/化け物を鎮めた光千坊様 

おすすめ書籍書籍一覧

武蔵武士 そのロマンと栄光
福島正義
1,942円+税
さいたまの鉄道
埼玉県立博物館 編
933円+税
埼玉の古墳 比企・秩父
塩野博
3,800円+税
幕末維新埼玉人物列伝
小高旭之
2,000円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ