岩槻城は誰が築いたか – http://sakitama-s.com/books/classification/history/entry_888/

岩槻城は誰が築いたか解き明かされた築城の謎

岩槻城は誰が築いたか

太田道灌、太田道真、そして忍藩・成田氏。さまざまな説が存在する岩槻城の築城者の謎を、8年におよぶ文献解説を通じた独自の調査と研究で解明する。太田道灌公 第18代子孫・太田資暁氏推薦。

著者等
小宮勝男
出版年月
2012年1月
版型
A5
頁数
88ページ
ISBN
9784878911002
価格
1,200円+税
在庫
在庫なし

おすすめ書籍書籍一覧

吉宗の時代と埼玉
秋葉一男
1,942円+税
人物埴輪を語る
金井塚良一
2,767円+税
歴史と人と 埼玉万華鏡
柳田敏司
1,942円+税
武州 手づくり 伝統芸に賭けた工匠たち
朝日新聞浦和支局編
4,800円+税
埼玉武芸帳 江戸から明治へ
山本邦夫
1,800円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ