君を夏の一日に譬えようか – http://sakitama-s.com/books/classification/literature/entry_1309/

君を夏の一日に譬えようか詩の遠景

君を夏の一日に譬えようか

詩人である著者が、自らの詩や詩人たちの言葉を引用し、経験や詩人たちとの交流を通して、詩と人生を考察する。日々の営みを、そして詩人たちが生きた時代を照射した、《詩》をめぐるエッセイ集。

著者等
石原武
出版年月
2002年5月
版型
B6判
頁数
258ページ
ISBN
9784878913648
価格
2,000円+税

おすすめ書籍書籍一覧

さいたま文学紀行 作家たちの描いた風景
朝日新聞さいたま総局 編
1,600円+税
東京のかおり 足で確かめた東京の文学遺跡
浦和市教育研究会国語部 編
1,300円+税
新刊濱崎茂遺作品集
大西修 監修
2,000円+税
俳句の本領 能静・鈴木荘丹の生涯
小林甲子男
2,500円+税
芭蕉句碑を歩く 埼玉の一〇四基
小林甲子男
1,200円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ