縄文に生きる勇者 – http://sakitama-s.com/books/newbook/entry_3802/

縄文に生きる勇者未来につなぐ 少年ナルの物語

縄文に生きる勇者

幼い頃に父を亡くし、母・弟と暮らす引っ込み思案な少年ナル。森と湖の緑に包まれたミヌマ(見沼)で周囲に見守られながら育つ。チチブ(秩父)に赴く途中で「朱塗りの飾り弓」「黒く輝く石槍」を手に入れる。父の残した「緑の零石」を携え「赤い石」を求めて北を目指すことに。雄大で厳しい自然の中で仲間とともに成長する姿を描く。縄文時代がわかるコラムも収録。

著者等
藤村尚彦
出版年月
2022年12月
版型
四六判
頁数
288ページ
ISBN
9784878914867
価格
1,600円+税

21世紀の縄文物語

縄文の時代にも「戦国武将」「幕末志士」と同じように、先頭に立って世界を切り拓く若者がいた。生まれつきの英雄ではなく、周囲に見守られ経験を積み重ねながら前へ進む少年。
いつの時代も、成長していく若者が時代を切り拓いていく。

目次

ナルが出会う人々

プロローグ

第一章 ミヌマ

第二章 狩人の道

第三章 チチブ

第四章 熊狩り

第五章 カスミの湖

第六章 一人旅

第七章 オヤマの里

第八章 越冬の日々

第九章 北へ

第十章 アイヌモシリ

第十一章 第二の故郷

ナルの生きる縄文の世界

 長かった縄文時代/縄文時代の文化〈数え方〉/縄文の人々/乱流する河川/縄文の人々の食生活/塩と干貝/組織と交易/二つの大きな土器圏/津軽海峡/北の大島

おわりに

参考文献

新聞掲載されました


埼玉新刊
毎日新聞(2023年3月11日付)

縄文時代の少年 小説に
埼玉新聞(2023年2月23日付)

縄文の少年 成長物語
読売新聞(2023年1月22日付)

おすすめ書籍書籍一覧

市民が選んだ さいたま百景
さいたま百景選定選考委員会 編
1,800円+税
荒川流域の文学 埼玉をめぐる人と作品
埼玉文芸家集団 編
2,000円+税
渋沢栄一の深谷 写真で訪ねるふるさとの原風景
文・河田重三 写真・清水勉
1,800円+税
鎌倉街道 平成に歩く
塩澤 裕
2,200円+税
俳句説法
金子兜太
1,500円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ