荒川流域の文学 – http://sakitama-s.com/books/classification/literature/entry_691/

荒川流域の文学埼玉をめぐる人と作品

荒川流域の文学

荒川のほとりを彩る、小説・詩・短歌・俳句の世界に生きた、鮮烈なる文人四十数人を情感豊かに描く、香り高い文芸エッセイ。埼玉文芸叢書第一作。

著者等
埼玉文芸家集団 編
出版年月
2006年5月
版型
B6判
頁数
242ページ
ISBN
9784878911309
価格
2,000円+税

おすすめ書籍書籍一覧

名は惜しめども 畠山重忠の父
北沢繁樹
1,500円+税
蝶々万華
ないとうサチ
2,200円+税
さいたま文学紀行 作家たちの描いた風景
朝日新聞さいたま総局 編
1,600円+税
東京のかおり 足で確かめた東京の文学遺跡
浦和市教育研究会国語部 編
1,300円+税

この本の感想を送る

  • お寄せいただいた感想はさきたま出版会ウェブサイトなどに掲載されることがあります
  • お名前はそのまま掲載されますのでニックネームなどをご入力ください
  • メールアドレスが公開されることはありません

〒336-0022 埼玉県さいたま市南区白幡3-6-10
TEL 048-711-8041 FAX 048-711-8044
交通・アクセスお問い合わせ